ホーム > 箕山クリニックとは? > 箕山クリニックの理念

理念

  1. 先見の明とグローバルな感覚を持って信念一徹
  2. 常にプロの誇りを持って社会貢献
  3. 生涯絶やさず勉学

スポーツドクターとしてスポーツ医療環境に対する疑問

箕山クリニック開業に至るまで、スポーツ整形外科医として靭帯再建術など幾例もの手術を行なってきましたが、スポーツ医療がそういった外科的役割だけでなく、もっと現場のアスレティックトレーナー(AT: Athletic Trainer)とも医学的議論でコミュニケーションをとりながら選手の早期復帰へ持って行けるようにアレンジできないものか、また手術に至らないケガに対しもっと理学療法士(PT: Physiotherapist フィジオセラピスト)の役割はないものかと、常に考えていました。

誰のための医療か?

スポーツ医療が誰のためかというと、間違いなく選手のためであり、選手にとってベストな環境は、スポーツドクター、理学療法士(PT)、アスレティックトレーナー(AT)の3者が連携しあって選手のケアを行なう環境であります。

現状はというと

日本のスポーツ界の現状は、医者、理学療法士、トレーナーがそれぞれ自己主張をしているだけで誰も選手にとってのbest wayは何かという方向に向いていない。トレーナーにおいては、欧米のようにアスレティックトレーナーと呼ばれるスポーツ外傷・障害に対応できる本当のトレーナーは、あまり日本には存在せず、柔道整復師や鍼灸・マッサージ師などがトレーナーとして活動している状況です。

そのような環境で選手が育つと、選手から見てトレーナーはマッサージやテーピングをする者としてしか認識されておらず、正確な外傷・障害の評価のもと、正しいリハビリとトレーニングを行なっていこうとする意識は低く、選手教育にもよくないのが日本の実態なのです。

箕山クリニックはそんな現状を打開するため、スポーツドクター・理学療法士・アスレティックトレーナーの三者でチーム医療を行なっています。それぞれがプロとしてプライドを持ち、互いをリスペクトします。

スポーツ医療は、スポーツドクターによる正確な評価による診断と治療方針の決定、理学療法士(PT)による更なる身体機能評価と機能改善、アスレティックトレーナー(AT)による外傷・障害の医学的状態を考慮しながらの改善へのトレーニングという三位一体のチーム医療があってはじめて意味を成すものであると考えています。
箕山クリニックでは、3者がそれぞれの専門知識を重ね合わせた三位一体システムを見事に実現させ、アスリートなどスポーツをされる方のみならず、変性関節疾患や腰痛などリハビリのための運動が必要な患者さんのケアも行なっております。

TOP

お問い合わせ

[ 予約制 ]
TEL : 03-5717-9927
FAX : 03-5717-9928

[ 診療時間 ]

 月 13:00〜18:00
 火・木・金 10:00〜13:00
16:00〜20:00
 土 10:00〜13:00
14:30〜17:30
 水・日・祝日 休診日