ホーム > 箕山クリニックとは? > クリニック・コンセプト

スポーツドクター(Sports Doctor)とは

スポーツの外傷・障害は特殊であり、医療が細分化されている近年では整形外科学のなかでも一つの専門分野となっております。このような分野を専門とする医師をスポーツ整形外科医と言いますが、個人的にはスポーツ整形外科医が必ずしもスポーツドクターではないと考えています。スポーツドクターという場合、スポーツ整形外科学的診療能力が必要なだけでなく、選手のバックグラウンドや将来を考慮したうえでプレーを許可するのかどうか、責任をもって判断することも求められます。そういった意味で、スポーツドクター自身もスポーツというものを理解していなければなりません。相手がプロ選手である場合、なおさら責任は重くドクターも同じくグレーゾーンのない白か黒かの戦いをしなければなりません。

また、スポーツドクターは、そのようなアスリートを対象にしたスポーツ整形外科的な知識だけでなく、一般の方々がスポーツを通して健康を維持するということにも携わることが大切で、内科学や運動生理学、栄養学にも精通している必要があります。

理学療法士(Physiotherapist: PT)とは

いわゆるリハビリテーションということを行なう医療資格者で、外傷traumaによる身体機能(関節可動域、筋力、協調運動etc)の低下を改善させたり、over useによって生じた障害の原因に対して、局所のケアだけでなく身体の根本的問題を評価し改善へと導く指導を行ないます。箕山クリニックでは、温熱、電気などの物理療法による疼痛、循環などの改善を図る治療だけではなく、障害の原因改善、また外傷の再発予防のために運動療法を中心に行なっています。

―運動療法とは―

局所に起こっている問題にのみ目を向けていては、症状が改善せず、また繰り返してしまうことが多々あります。局所に負担がかかりすぎていることで障害が起きているのであれば、そこに負担がかかりにくいように他の部位の補強を、局所に拘縮などで使われすぎていないことが問題であればその部位に適切な動きを、それぞれエクササイズによって与えていきます。また外傷であれば、早期復帰に向け早い段階から患部を保護しつつ関節可動域や神経と筋の反応性をエクササイズによって出していき、さらには、再発予防も考慮したエクササイズを行ないます。

アスレティックトレーナー(Athletic Trainer: AT)とは

アスレティックトレーナーは主に競技スポーツが行なわれている現場で活動するトレーナーで、スポーツドクターやコーチングスタッフと緊密に協力しあい、競技者の健康管理や障害予防、怪我の応急処置、競技復帰のための専門的トレーニング、コンディショニングなどにあたる専門職です。日本では歴史的背景により、マッサージやテーピングをする人というイメージも残っていますが、実際には日々の身体状況を適切に評価し、その評価に応じてトレーニングを処方・指導するのが主な仕事になります。

箕山クリニックに隣接するスポーツジム「Dr.ARMS」には、上記のようにスポーツ現場で活躍するM's AT project所属アスレティックトレーナーが常駐しており、アスレティックリハビリテーションを行なっております。箕山クリニックで診察を受けた選手で、アスレティックリハビリテーションの適応と考えられたときには、「Dr.ARMS」にアスレティックリハビリテーションを依頼します。

―アスレティックリハビリテーションとは―  more

スポーツ選手の競技復帰を目指すリハビリテーションのことで、一般のリハビリテーションに比べトレーニングや競技特性に合わせた動き作りの要素が多くなります。外傷部の修復過程に関する医学的知識やトレーニングに関する知識などを兼ね備えた専門家であるアスレティックトレーナーと進める必要があります。

TOP

お問い合わせ

[ 予約制 ]
TEL : 03-5717-9927
FAX : 03-5717-9928

[ 診療時間 ]

 月 13:00〜18:00
 火・木・金 10:00〜13:00
16:00〜20:00
 土 10:00〜13:00
14:30〜17:30
 水・日・祝日 休診日